税理士試験攻略法

「特殊な角度からの問題」をクリアする「理解」の本当の意味とその方法

どうも、にれんです。

私は税理士試験の全ての科目を(簿、財、法、相、消)2年で官報させていただきました✌︎

にれん
にれん
「こんなブログが受験生時代にあったら良かった‼︎」

と思いながら記事を書いてます


今回は「特殊な論点からの問題」をクリアする「理解」の本当の意味とその方法というテーマでお話ししていきます

想定読者

  • 「理解」の必要性・重要性が知りたい方
  • 「理解」の明確な定義が知りたい方
  • 理解したかどうかの基準を知りたい方
  • 理解する方法が知りたい方

この記事は”4分”で読むことができます

 

本日もよろしくお願いいたします✌︎

 

税理士試験で、力を出す為に必要な事

税理士受験生
税理士受験生
先生。税理士試験の本番で力を出す為には何が必要ですか?

メル先生
メル先生
それは問題や情報を「理解」する力やな

税理士受験生
税理士受験生
「理解」ですか…。何故それは必要なんですか?

 

税理士試験の本番で力を出す為には

問題や情報を「理解」する力が必要です。

 

税理士試験で出題される問題の特徴の1つ

「特殊な角度からの問題」というものがあります。

詳しくは以下の記事です

税理士試験に出題される問題を、最近の傾向と合わせて解説。どうも、にれんです。 私は税理士試験の全ての科目を(簿、財、法、相、消)2年で官報させていただきました✌︎ と思い...

 

メル先生
メル先生
これが何故起こり得るかというとやな…

税理士受験生
税理士受験生
「本試験で私たちの問題を作るのは、普段問題を作らない試験委員さんだから」ですよね○

メル先生
メル先生
お…だんだん分かってきたやないかい。

税理士受験生
税理士受験生
合格する為にはこのレベルの問題で「アドバンテージを稼ぐ必要がある」ですよね○

 

この「特殊な角度からの問題」は

問題に対する基礎体力を高めることで

難なくクリアできるレベルなんです。

 

 

その問題に対する基礎体力を高める為

この「理解」する力が必要になります。

 

問題や情報を「理解」すると税理士試験の本番で「特殊な論点からの問題」を難なくクリアできるようになる

「理解」って一体何?基準は?

税理士受験生
税理士受験生
理解することが必要なことは分かったけど、結局「理解」って何なのですか?

メル先生
メル先生
一言で表すと「説明できること」やな

税理士受験生
税理士受験生
説明できる???

 

今回の記事で「理解する」の本当の意味や

その基準を知って指標にすることで、

日々の勉強に役立てていきましょう。

 

「理解」の本当の意味は「どんな人にも説明できること」

 

こんな言葉があります。

『6歳の子供に説明できなければ、理解したとは言えない』

アルベルト・アインシュタイン

 

つまり、

『どんな人にも説明できること』を持って

「理解」といえるということです。

 

説明に関して

ここではある一つのキーワードを

ご紹介いたします。

説明のキーワードは「関係性」

  • 原因の関係性(Why)
  • 結果との関係性(What)
  • 方法との関係性(How)

 

これらの関係性を抑えること

どんな人にも説明が可能になり

それは即ち「理解」に繋がることを意味します

 

理解の本当の意味

「理解」とは「どんな人にも説明できること」

 

「理解」の基準は「人に説明できるかどうか」

 

「理解」は「どんな人にも説明できること」です。

その為、自分がある論点に関して理解したかどうか判定する基準は

必然的に「人に説明できるかどうか」になってきます。

 

「理解したかどうか」不安な論点は

一度、その論点を自分や受験仲間

友達に説明してみてください。

税理士受験生
税理士受験生
それが出来たら「理解した」と自信を持って言えるんですね○

メル先生
メル先生
その論点の「特殊な角度からの問題」も難なくクリア出来るようになる

「理解」の基準

「人に説明できるかどうか」

 

1番簡単な「理解」する為の方法

税理士受験生
税理士受験生
先生。まだ理解出来てない論点を理解する為に何か効率的な方法はありますか?

メル先生
メル先生
あるで。今回は1番簡単な理解する為の方法を教えたるわ

 

理解する為の方法

教科書や参考書の”基礎”に「何故?」を突きつける

 

教科書や参考書の内容である

”基礎”に対して「何故?」を突きつけることで

説明のキーワードである関係性が見えてきます。

 

この関係性は”基礎”を説明できる事となり、

それと同時に「理解」に繋がります。

 

それを繰り返す内に教科書に書いてある内容を理解して

それを基に「特殊な角度からの問題」も

難なくクリアしていくことが出来るようになります

にれん
にれん
まずは身近な教科書や参考書に何故?を突きつけて、その背景にある関係性を探してみてください○

税理士受験生
税理士受験生
じゃあ早速、教科書に書いてある内容に「何故?」を突きつけてみようかなー!

メル先生
メル先生
まとめていくで

まとめやで

  • 理解とは「どんな人にも説明できること」その基準は「人に説明できるかどうか」やで
  • 説明できる為のキーワードは「関係性」やで
  • 一番簡単な理解する為の方法は「教科書や参考書の”基礎”に「何故?」を突きつける」やで


いかがでしたでしょうか?

今回は「特殊な論点からの問題」をクリアする「理解」本当の意味とその方法というテーマでお話ししていきました

にれん
にれん
この記事で、理解の本当の意味に気づいて理解を深めて、本試験でアドバンテージをつけて合格に近づいてくれる人が少しでもいてくれたら嬉しいです✌︎

 

ではまた別の記事で。

 

↓クリックで喜びます

にほんブログ村 資格ブログ 税理士試験へ