税理士試験攻略法

“捨て理論”を選別する2つの基準【覚えない】

どうも、にれんです。

私は税理士試験の全ての科目を(簿、財、法、相、消)2年で官報させていただきました✌︎

にれん
にれん
「こんなブログが受験生時代にあったら良かった‼︎」

と思いながら記事を書いてます


今回は『”捨て理論”を選別する2つの基準』というテーマでお話ししていきます

 

オススメ読者

捨て理論について知りたい方

捨て理論の選び方が分からない方

この記事は5分で読むことができます。

 

よろしくお願いいたします✌︎

 

「捨て理論」について

 

この章では

捨て理論の意義やメリット、デメリット

それを踏まえた私の理論へのスタンス

をご紹介していきたいと思います。

 

捨て理論」の意義

「今年の本試験に持っていかないと決めた理論」

メル先生
メル先生
文字通り”捨てる”ってことやな

理論が得意な方でも、どうしても

理論暗記にリソースを割けなかったり

論点自体の重要度が低かったりすると

「捨て理論」と言う選択肢が頭をよぎります。

 

捨て理論を作るメリット

  • 重要な論点にリソースを割ける
  • 自分の負担が軽くなる
  • イメージしにくい特殊論点を切り捨てられる

 

メリットだけをみると

「捨て理論、素敵やん?」と思いますが、

デメリットも見ないといけないのが世の常

 

捨て理論を作るデメリット

  • 本試験で捨て理論が出る可能性がある

 

メル先生
メル先生
本試験は何が出るかわからん

捨て理論を作ると

本試験での捨て理論出題の不安が

拭えなくなるのです。

 

理論に対する私のスタンス

私が理論に対してとっていたスタンスは

「理論を全部持っていく」

 

にれん
にれん
ごちゃごちゃ考えんな。全部持ってけーー

メル先生
メル先生
捨て理論を選定することの方が”ナンセンス”やな

 

ただ、

税理士試験の理論を

侮ってはいけません。

 

私が受験した法人税法や相続税法は

あれほど理論が得意と謳っていた

私でさえ「捨て理論作らな無理」

思ってしまう程の理論の分量でした。

理論暗記を”勉強時間・ペース・最重要なこと”の3つの観点から見るども、Sleqtです。 はじめに… 私は税理士試験の 全ての科目を(簿、財、法、相、消) 1発で合格させていただきました...

 

にれん
にれん
その為どうしても無理だなといった場合、重要なものとそうでないものに選別し、そうでないものは「捨て理論」として自分のリソースを有効活用してました。

 

その際の私の選定基準である

にれん流“捨て理論”を選定する2つの基準

ご紹介していきたいと思います。

 

捨て理論選別する2つの基準

 

  • 災害関係
  • 過去2年分の特殊論点
  •  
  • メル先生
    メル先生
    一つずつ解説していくで

    災害関係

     

    話は私が1年目のときに遡ります。

     

    法人税法の先輩
    法人税法の先輩
    なあ、税理士試験の”暗黙の了解”ってしってるか?

    にれん
    にれん
    え、なんすかそれ。かっこいいすね

     

    私のブログではお馴染みになりつつある

    通称”法人税法の先輩”

    突然私にこう告げました。


     

    法人税法の先輩
    法人税法の先輩
    本試験では災害関係の理論はでーへんねん。

    にれん
    にれん
    え、なんでっすか

    法人税法の先輩
    法人税法の先輩
    例えば東日本大震災の時に出来た措置法とかがあるとするやろ?東日本大震災を経験した人が居たとして災害関係の理論が本試験で出たらその人どうなると思う?

    にれん
    にれん
    思い出してしまって、力発揮できず不公平ってことですか?

    法人税法の先輩
    法人税法の先輩
    せやねん。


     

    私は

    目からウロコ状態

     

    しかも

    災害関係の理論なんて

    イメージ湧きにくく

    覚えにくいので棚ぼたです。

     

    にれん
    にれん
    勝ち確ぅぅ!!!!(ではない)

    それからは何も考えず

    「災害」の文字が付く理論は

    全てぶっ飛ばしてました(笑)

     

    メル先生
    メル先生
    翌年(R1)の相続税法で痛い目合うことはこの時はまだ知らんで^^

    災害関係の理論」は”暗黙の了解”により「捨て理論」へ

    過去2年分の特殊論点

     

    税理士試験には”5年ルール”というものが

    あります(と言われています)

    “5年ルール”とは…「本試験にでた論点の問題はその後5年間は本試験で出ない」といった暗黙のルール

     

    メル先生
    メル先生
    ただこの5年ルールは、壊れてきてんで

    メル先生
    メル先生
    法人税は、H29年に「青色申告の適用要件等」が出題されその翌年(H30)には「青色申告の手続き関係」が出題されてるで

     

    このことから

    直近の本試験に出た同じ論点でも

    違う方向から問題を出せるかな」

    考えることは大事です

     

    それでも私には考えがありました

    にれん
    にれん
    同じ試験委員が同じ論点でも問い方を変えられる奴は十分出題の可能性はある。ただ、特殊な論点で問い方がほとんどひとつしか考えられないものは?

     

    その答え

    「特殊論点の連続出題の可能性はかなり低い」

    でした。

     

    このことから私は

    過去2年間の本試験で出題された

    特殊論点だけを「捨て理論」に設定しました。

    メル先生
    メル先生
    税理士試験の2年ルール”と命名したで

    にれん
    にれん
    • 相続で言うと「延納・物納(H29)・人格のない社団関係(H30)」
    • 法人で言うと「タックスヘイブン(H29)」
    特殊論点の理論は”2年ルール”により「捨て理論」へ

    最後に…

     

    今回は

    ”捨て理論”の選定基準2つ

    ご紹介いたしました。

     

    しかし、

    これが100%正解だとは微塵も思ってません

    メル先生
    メル先生
    正解などない(あっても公表されない)世界やでな、あくまでも、一個人の意見として捉えてくれやで

    現に

    私は捨て理論とした論点が

    本試験に出題されました

     

    にれん
    にれん
    やはり完璧ではないか…。ただ本試験では首の皮一枚乗り切ることに成功しました(多分)

    メル先生
    メル先生
    「捨て理論やけど”捨てない”記憶」を培ってきたんやで

    何故かは以下の記事で

    捨て理論を”捨てない”方法【関連付け記憶法】どうも、にれんです。 私は税理士試験の全ての科目を(簿、財、法、相、消)2年で官報させていただきました✌︎ と...

     

    メル先生
    メル先生
    “まとめ”ていくで

    ”まとめ”やで

    • 捨て理論とは「今年の本試験に持っていかないと決めた理論」のことをいう
    • 捨て理論を作るとメリットとデメリットが存在する
    • あくまでもスタンスは「理論は全部持っていく」が無難やで
    • 捨て理論を選定する基準は「災害関係」「過去2年間の特殊論点」2つやで
    • 捨て理論を”捨てない”方法もあるんやで

     


    いかがでしたでしょうか?

     

    今回は“捨て理論”を選別する2つの基準というテーマでお話ししていきました

     

    にれん
    にれん
    何かの参考に少しでもなれたらいいなと思います✌︎

     

    本日もありがとうございました!

     

    ではまた別の記事で。

    ↓クリックで喜びます

    にほんブログ村 資格ブログ 税理士試験へ